曹洞宗 嶋田山快林寺 快林寺のホームページへ ようこそお越しくださいました。
kairinji.com
HOME
当山紹介
年中行事
墓地紹介
室内納骨壇
曹洞宗の教え
リンク集
 
慈光苑 室内納骨壇 輝(かがやき)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年中行事
 
嶋田山快林寺お盆の季節を迎えました。皆様方には益々ご健勝のことと拝察申し上げます。本年度の施食会、盆棚経等の予定をご案内いたします。

※『お盆』の由来については>>こちらをご覧ください。
■お盆棚経の日程(平成30年)

本年のお盆棚経につきましては、諸事情により本山にて合同の盆供養とさせていただきます(お宅での棚経は行いません)。誠に恐縮ですが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、合同盆供養につきましては下表の日程で、数回に分けて勤めさせていただきますので、ご都合のよろしい時間の盆供養にお出かけください。

またその際にこちらの「平成30年度盆経申込書」にお名前・ご住所・電話番号を記入のうえ、ご持参ください。

合同盆供養日程
第一回
8月11日(土・祝) 18:30〜 ※初盆 当山にて合同盆供養
第二回
8月12日(日) 18:30〜 ※初盆 当山にて合同盆供養
第三回
8月13日(月)  09:00〜 当山にて合同盆供養
第四回
8月13日(月)  11:00〜 当山にて合同盆供養
第五回
8月13日(月)  14:00〜 当山にて合同盆供養
第六回
8月13日(月)  18:30〜 当山にて合同盆供養
第七回
8月14日(火)  09:00〜 当山にて合同盆供養
第八回
8月14日(火)  11:00〜 当山にて合同盆供養
第九回
8月14日(火)  14:00〜 当山にて合同盆供養

こちらもご覧ください>>平成30年お盆合同供養予定表(PDF)

■初盆をお迎えの方へ
本年初盆をお迎えの方は塔婆をお渡しいたしますので、必ず10日の施食会にはお参り下さい。初盆をその前に行う方は事前にお渡しするか、当日住職がお持ちします。
■施食会(せじきえ)について
8月10日午前11時より当山の施食会を行います。是非多数の方の焼香来山をお願いいたします。粗飯ですが、昼食の支度をいたします。
『施食会』について詳しくは>>こちらをご覧ください。
■千手観音様の御開帳について
8月9日午後6時より千手観音様の御開帳(希望者の家内安全のご祈祷)並びに8月10日午後6時御閉帳(希望者ご祈祷)をいたします。ご祈祷希望者は事前に快林寺まで申し込み下さい。各ご祈祷終了後、お札をお渡しいたします。なお、お札の郵送を希望される方はお知らせ下さい。
千手観音大祭1
千手観音大祭2
■お地蔵さんの施食会について
お地蔵さんの施食会お地蔵さんの施食会8月24日はお地蔵さん(子育て地蔵尊、六地蔵尊、水子地蔵尊)の施食会です。午前10時より法要を行っております。 多くの方のご参詣をお願いいたします。
■『精霊送り』日本の心を子供達に伝えましょう!!
精霊送り

精霊送り近年、棚を崩した笹などは焼却が出来ないため市の家庭ゴミとして捨てられています。 日本人の心の精霊送りが無くなり、実に寂しいものです。 W.E.C(曹洞宗島田奉仕会)は、子供達に忘れ去られようとする日本の心を伝えて、潤いのある社会を今一度築くため、精霊送りを行います。

 

8月16日、当山に崩した笹などをお納めいただきましたら、供養(精霊送り)をさせていただきます。曹洞宗以外の方も納めて頂けますのでご近所の方にも声をお掛け下さい。

※暑い時期ですので、生もの・危険物はご遠慮下さい。

 
【W.E.Cの活動について】
11教区の若手僧侶達は、W.E.C(White Elephant Club:白象会)を結成し自己の研鑽と地域奉仕のため毎月1日・15日に奉仕活動を行っております。
●詳しくはこちら
■お盆の由来
一年に一度のお盆祭りは、亡きご先祖さまの御霊(みたま)をお迎えしてご供養する祭日で、これは国が定めた祝祭日ではなく、日本風土の中にしみこんでいるおまつりです。
この「盆」と言う言葉は、インドの古い言葉である梵語(サンスクリット語)の「ウランバナ」を漢字に写した「孟蘭盆(うらぼん)」の最後の一字をとったものである、と言われています。

この行事の由来は、『孟蘭盆経(うらぼんぎょう)』というお経に説かれています。亡き母のために目連尊者(もくれんそんじゃ)が修行僧に対し衣食を供養されたのが始まりですが、それは、雨季の修行期間の最後の日である七月十五日であったと伝えられています。
インドでは、四月から七月迄の雨季のあいだは、修行僧は外出が禁じられ、屋内で修行することになっていました。これを「禁足(きんそく)」と申します。現代でも、本山や専門僧堂(地方にある修行道場)等で、この「禁足」が受け継がれています。

明治になって新暦(太陽暦)が採用されますと、新暦の七月十五日では、日本人の大部分にとっては、とても都合の悪い時期でありました。なぜなら、当時の国民の八割近くは農業に従事していたからです。七月は、農家にとっては一年中で最も忙しい農繁期となり、ゆっくりとご先祖さまのご供養ができませんでした。ですから八月十三日から十六日までの月遅れのお盆に多く行われるようになったのです。
■施食会の意義
施食会は、本来一年中行われている法要ですが、お盆の法要の一環として行われることが多い行事です。
施食会の由来は、お釈迦さまの十大弟子の一人、阿難尊者(あなそんじゃ)が、無縁の精霊に供養すべく棚を設け、山海の食物を供え、多くの僧によって回向したのが始まりです。

現在では、ご先祖さまへの報恩供養として営まれております。私たちは、ご先祖さまをはじめとした多くの精霊に供養する施食会を通して、地球上の全ての生き物に支えられていることを一度ゆっくり考えてみたいものです。

初盆を迎えられる皆さまは、ご家族と共にお参りされ大変得難いひとときをお過ごし下さい。
 

曹洞宗 嶋田山快林寺